ワンちゃんの「車酔い」に関して

皆様、こんにちわ。富士市の「ミル動物病院桜ヶ丘」院長の飯島です。

 

今年、お盆休みの前に飼い主様から多く相談を受けた、

『ワンちゃんの車酔い』

に関してコラムを書いてみました。

 

知っているようで、知らない、ワンちゃんの車酔い。

遠出が多くなるシーズンだからこそ、ワンちゃんの車酔いについて考えてみましょう。




ワンちゃんの車酔いは、心理的な要素も深く影響しています。

 

車に乗る=『動物病院』や『美容院』に連れて行かれる!

と、小さい頃から刷り込まれてしまうと、ワンちゃん達は車が嫌いになってしまいますね!

 

できるだけ、小さな頃から積極的に車に乗せて、公園やドックランなどに行くことで、車は嫌じゃないことを教えてあげましょう。

(注:外出が好きで運動が大好きな子にしか効果はありません。)

 

 

では、ワンちゃんの車酔いは、どんな症状なのでしょうか?

具体的には、車酔いにかかると、以下の症状が出ると言われています。
 大量のヨダレが出ている。
 ビクビクと震えている。
 落ち着きがなくなる。
 心細い時のような鳴き声を出す。(もしくは、吠える)
 嘔吐してしまった。

 

すでに車が苦手な子は、車に乗るだけで(エンジンがかかっていなくても!)拒否反応として、よだれが垂れる子もいます。そうなると、克服はなかなか難しいです。ドライブ中はなるべく休憩を取り、ワンちゃんを車から降ろして外の空気を吸わせてあげると気分転換となり良いかもしれません。

 

 

でも、安心してください!

 

そんな子達のために、是非知っておいていただきたいのが、それでも車で吐いてしまう子のための

『酔い止め』です。

 

もともとは吐き気の強い子用のお薬なのですが、酔い止めとしても効果が期待できます。

もし、長距離ドライブなどの予定があるのであればスタッフにご相談ください。

 

せっかくなら、家族全員が楽しく思えるドライブを満喫してくださいね。

 

ミル動物病院桜ヶ丘

医院長 飯島




以上、今月のコラムでした。ご不明な点、ご相談は当院までご連絡ください。

関連記事
1月21日(日)の診察時間の変更について

新年あけましておめでとうございます。 本年もスタッフ一同、皆様の大切なご家族の健康をサポートしてまいりますのでよろしくお願いいたします。   さて、1月21日(日)は獣医師会会合出席のため診察時間を以下のように[…]

[» 続きを見る]

今年もフィラリア予防期間が始まりました。

富士地域では毎年必ずフィラリア感染例が見られます。フィラリア症は一度発症すると治療は難しく、重症化すると命に係わる恐ろしい病気です。しかし、予防期間中(5月~12月)、月に一度予防薬を飲ませることで簡単に防ぐことができま[…]

[» 続きを見る]

お盆期間中の診療時間について

桜ヶ丘病院および中里病院ともにお盆期間中の診療時間の変更はございません。 平常通り午前9時~12時、午後2時~7時となります。 (日祝日は桜ヶ丘病院は午後5時まで) 休診日は桜ヶ丘病院が木曜日、中里病院が火曜日となります[…]

[» 続きを見る]

よくある質問を追加いたしました。

皆様、こんにちわ。ミル動物病院です。   HPに訪問していただいている方々に、よく閲覧されている「よくある質問」ページに、当院に寄せられるよくある質問を追加いたしました。 詳しくはこちらから、ご確認ください。 […]

[» 続きを見る]

狂犬病予防注射はお済ですか?

狂犬病予防注射は4~6月が接種する期間です。 お済でない方は、お早めに接種してください。 来院時には、『市役所からのハガキ、愛犬手帳、診察券』を持参しワンちゃんをお連れください。 もし、市役所への登録がお済じゃない方(狂[…]

[» 続きを見る]